子連れでヨーロッパ旅行、秘訣とおススメ

私は主人とは昔、ドイツと日本で遠距離恋愛をしていて約10年以上前からドイツと日本を行き来しています。

現在は結婚して家族で日本に住んでいますが、主人の実家に帰省するために去年家族で1ヶ月間ドイツへ行っていました。
現在私たちには2人の息子がいます。そう、家族旅行。…3際と1歳を連れての旅行です!飛行機です!一ヶ月です!ヨーロッパです!それがどれだけ大変なことか、想像できますか。

その想像、軽く超えます。

ということで、今日は子連れで旅行する際の秘訣や、ドイツのおススメスポットを紹介したいと思いまーす!

まず、ドイツへ。
行くためには飛行機。10時間超えです。大人一人で移動していても、狭く、眠れず、長い機内。それに加えて泣く、騒ぐ、飽きる子供を連れて、周りに気を使う10時間。

思いつく全ての対策をしていきました。当時まだ授乳中だった次男のために、授乳ケープなんて狭い機内で使ってられないので、ガバッと子供ごと中に入れられる洋服を着て。
そして、すぐ飽きて騒いでしまう長男用には、オフラインでの動画を準備、アイパッドに子供用ゲームのダウンロード、お絵かき帳とペン、シールブック、おやつ、耳抜き用ゼリー飲料、そして、動画や機内画面用キッズイヤホン。これは一定音量より大きな音にならず安心して使えるものです。
これらを駆使しても、子供は泣くときは泣くし、騒ぐときは騒ぎます。子連れで飛行機旅行、最大のコツはある程度はしょうがないと割り切ってしまうことかもしれませんね。

それをやっと乗り越えてドイツ国内の空港へ到着。やっとやっと!という気分ですが、それがゴールではないんです。次は荷物待ち、そして大量の荷物を抱えてレンタカーオフィスへ移動。当然子供は休みなく騒ぐし、そこは安全で言葉の通じる日本ではありません。気を張りっぱなしです。

私たちは実家への帰省なので実家に泊まったのですが、一ヶ月の間、ドイツ国内を旅行することもありました。

ドイツは日本と比べて子連れの移動は気楽にできるかもしれません。ただ、エレベーターを探したり、時にはベビーカーを担いだり、そういうところは日本と変わりません。
旅行にも疲れ果てた頃、行ってよかったのはベルリンの動物園です。とても広い園内で動物を見て回るだけでなく、年齢ごとに遊具の違う大きな公園スペースがあったり、レストランがあったりと、親方共に旅行の疲れを癒せる一日になりました。

ドイツは日本と同じ先進国です。言葉や文化が違う面での苦労はあるかもしれませんが、水道水も飲めるし、なんでも買えます、医療の面でも心配なく旅行できる国の一つだと思います。

ポリピュアEXが安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です